杰克奥特曼 帰ってきたウルトラマン (1971)

  • 导演: 本多猪四郎  山际永三 佐伯孚治 东条昭平 笕正典 富田义治 大木淳吉 松林宗惠
  • 编剧: 上原正三 田口成光 伊上胜 金城哲夫 市川森一 石堂淑朗 小山内美江子 实相寺昭雄 饭岛敏宏 岸田森
  • 主演: 团时郎 西田健 根上淳 池田骏介 塚本信夫 不破万作 岸田森 榊原留美 川口英树 岩崎和子 藤田进 佐原健二
  • 类型: 动作 科幻
  • 制片国家/地区: 日本
  • 语言: 日语
  • 片长: 30分钟
  • 又名: 归来的宇宙超人,Kaettekita Urutoraman,Return of Ultraman
  • 上映日期: 1971-04-02(日本)
  • 集数: 51
  • imdb网址: tt0184152
  • 杰克奥特曼剧情简介
      内容
      自然界の異変により眠っていた怪獣が目覚めはじめた。郷秀樹(ごう ひでき)は、怪獣から少年と仔犬の命を守ろうととして命を落としてしまう。地球を訪れていたウルトラマンは郷の勇敢な行動に感銘を受け、自分の生命と能力を彼に与えた。蘇った郷は、怪獣攻撃部隊MAT (Monster Attack Team) に入隊。普通の人間としての自分と、超人的能力を持ったウルトラマンとしての自分のギャップに悩みながら、続々と現れる怪獣や宇宙人に立ち向かっていく。
      初期の展開
      『ウルトラマン』の主人公が変身前も変身後も完全無欠の万能ヒーローであったことに対し、本作では主人公は元々レーサー志望の普通の勤労青年として設定され、ウルトラマンとしての能力のために周囲と軋轢を生んだり、悩んだりを繰り返しながら困難を乗り越えていく、努力するヒーローであった。変身後のウルトラマンもしばしば怪獣に対して苦戦し時には敗北している。いわゆる「人間ウルトラマン」というテーマ設定である。
      『ウルトラマン』の主人公ハヤタは怪獣と戦う防衛組織の一員としてのみ描かれ、私生活や心の内面はあまり描かれなかった。しかし本作では主人公郷秀樹の私生活が詳細に描かれている。郷がMATに入隊する前の雇い主でレースの先輩でもある坂田健、その妹で郷の恋人・アキ、郷を兄のように慕う小学生の末っ子・次郎が、主人公の家族的な立場として設定され、レギュラーとして登場する。
      当初は、MATチーム内の対立と友情、一青年としての郷秀樹の苦悩と成長などシリアスなドラマ性が強く打ち出された。その中で、郷の挫折と再起を描いた第2話や、当時ブームが続いていたスポーツ根性もの的要素を取り入れた第4話、二大怪獣とMATの激突を劇場怪獣映画並のスケールで描いた第5話・第 6話など、新たなタイプの秀作が生まれている。このように、それ以前のシリーズにはない新たな試みが多かったが、残念ながら1クール目の視聴率は期待に沿うものではなかった。その原因としては、シリアスなドラマが子どもたちに充分受け入れられなかったこと、予算的な問題で舞台が山中や造成地になる場合が多く都市破壊の爽快さを欠いたことなどが挙げられている。『ウルトラQ』や『ウルトラマン』が画期的な特撮テレビドラマとして高視聴率をマークしていた時期に比べると、'71年当時は特撮ドラマがすでにジャンルとして定着し、競合番組が多く登場するなど状況が変わっており、期待された視聴率の水準が高すぎたとも言える。
      中盤の展開
      この状況において円谷プロダクションは、アンケート調査や学年誌の読者調査などのマーケティングを行い、ウルトラマンの強化や宇宙怪獣の登場などが求められているとの結果を得た。そこで、第18話のベムスターをはじめとした宇宙怪獣を数多く登場させた。また、ウルトラマンを救うべく、前作の主人公ウルトラセブンを登場させ、万能武器ウルトラブレスレットを与えさせる。この事により、ウルトラマンのキャラクター強化に成功している。また、第13話・第14話では大津波と竜巻による東京破壊を映像化し、その高い特撮技術をアピールした。当時人気絶頂のキックボクサーであり、本作の前番組キックの鬼のモデルでもある沢村忠を本人役でゲスト出演させた第27話や、ファンの高校生(後に同様の経緯で『ゴジラVSビオランテ』の原案も手掛けた小林晋一郎)から投稿された原案を採用した第34話など対外的な話題作りも、番組の知名度アップに貢献した。
      数々の強化策の一方でドラマ面でも強化が図られ、隊長交代というイベントに文明批評を重ねた第22話、内気で弱い少年の目覚めと旅立ちを南隊員の過去と交錯させて描いた第25話、差別への怒りをテーマとして前面に出した第33話等、一部では評価の高い作品が送り出された。特に第31話~第34話は後に一部で『11月の傑作群』と呼ばれたほどで、この時期視聴率も20%台を順調に維持した。更に、坂田アキを演じる榊原るみが別のドラマへの出演のためスケジュール確保が困難になり、第37話・第38話で健とアキは宇宙人による暗殺という設定で退場することに決定。初代ウルトラマンとウルトラセブンの登場というイベントとあいまって、ここで内容的にも視聴率的にも一つの頂点を迎えた。
      終盤の展開とその後
      以後、郷の私生活は、坂田家で一人生き残った次郎と、隣人で次郎の姉代わりとなった村野ルミ子を中心に描かれていく。シリーズ終盤では、強化策として宇宙人とその宇宙人が操る怪獣が2体セットで登場するようになり、ヒーロードラマとしてのエンタテイメント性は強化されたが、シリーズ初期のハードなドラマが影を潜めたことや、予算上の都合か着ぐるみ一体あたりの品質が低下してしまった点については、批判の声もある。最終回ではMAT基地を破壊され、次郎とルミ子を拉致されるという最大の危機に陥ったウルトラマンとMATが、最強怪獣ゼットンを倒して勝利し、郷はウルトラマンとして次郎とルミ子に別れを告げ地球を去った。
      この最終回の内容については、ゼットンの造形・演出が今ひとつであったことや、ラストを飾る言葉である「ウルトラ5つの誓い」の唐突感などを指摘するファンは多い。しかしながら「ウルトラ5つの誓い」を、ウルトラマンが主要な視聴者である幼い子供たちに向けて語ったメッセージとして肯定する意見もある。また、ゼットンを倒したウルトラマンが郷秀樹と一体化したまま地球を去ることで、郷秀樹とウルトラマンの成長物語が一応の完成を見たとの指摘もあり、その評価は賛否両論である。
      本シリーズにおける過去のウルトラヒーロー登場の好評は「ウルトラマン最終話に登場したゾフィーを長男とするウルトラ兄弟」という雑誌上で設定された捉え方がテレビ作品に導入される一種の「逆流現象」につながった。最終回におけるバット星人の台詞に「ウルトラ兄弟」が明確なものとして用いられ、次作『ウルトラマンA』から本格的に兄弟の設定が多用されていく。
      終了後の展開
      その他のウルトラシリーズ作品でも、郷秀樹=ウルトラマンジャックがウルトラ兄弟やウルトラマンファミリーの一員としてゲスト出演している例も多い。ここでは、そうした作品の中から本作のドラマ的後日談になっている作品を記す。

    标签:  奥特曼 日本 科幻 童年 童年回忆 特摄 动画 日剧
    剧照图片(海报、截图)
    下载地址
    杰克奥特曼评论、影评、观后感
    赤红十三  2008-03-22
    这哥们很强
    莫云轩  2011-05-17
    最初的记忆
    红烧葫芦娃  2010-11-10
    乡秀树啊
    ASW  2010-09-15
    其实杰克是挺英俊的一位奥特曼!主题歌真好听!