侠盗治郎吉 御誂次郎吉格子 (1931)

  • 导演: 伊藤大辅
  • 编剧: 吉川英治 伊藤大辅
  • 主演: 大河内传次郎 伏见直江 伏见信子
  • 类型: 剧情 动作
  • 制片国家/地区: 日本
  • 语言: 日语
  • 又名: Oatsurae Jirokichi Goshi
  • 上映日期: 1931-12-31
  • imdb网址: tt0022214
  • 侠盗治郎吉剧情简介
      大阪に逃亡した義賊鼠小僧次郎吉だが、今はお仙という女郎と同棲中である。お仙とは京から大阪に下る三十石舟で知り合った。お仙は強欲な十手持ちの兄仁吉のために身を持ち崩していたが、凶状持ちの次郎吉に激しい恋慕を抱く。そんなお仙の積極さを次郎吉は疎ましく想うようになる。
      ある日、裏長屋に病気の浪人の父と住むお喜乃に出会った次郎吉は、気持ちがお仙から清純なお喜乃に傾くのを止める事が出来なくなる。離れていく次郎吉に自棄になるお仙。兄の仁吉は全てを察し次郎吉をおびき寄せて捕縛しようと、お仙を監禁する。
      お喜乃の境遇が、かつての自らの盗みが原因と知った次郎吉は衝撃を受ける。しかも、仁吉がお喜乃の美貌に目をつけ、自身の出世のため好色な同心重松の妾にすることを企んでいる事も分かり、次郎吉はお喜乃を救おうとする。
      仁吉はお喜乃の父を殺害、お喜乃を誘拐する。そこへ次郎吉が現れお喜乃を救う。お喜乃とともに逃げようかと迷う次郎吉であったが、仁吉一味を倒す事が自身の義務と考え駕籠屋に命じてお喜乃を安全な場所に逃がす。
      御用提灯が光る中を単身乗り込んだ次郎吉は重松を殺す。次に仁吉の家に入るとお仙が次郎吉恋しさのあまり兄を殺していた。「次郎さん。忘れさせないよ!」と叫び、お仙は身代わりとなり窓から川に飛び込む。「川に逃げたぞ!」「川だ!」叫ぶ捕り手。川に集まる御用提灯。
      屋根の上では、逃げた次郎吉が「おせん。お喜乃。見ねえ。良い月だぜ。」と涙を流していた。

    标签:  日本 伊藤大辅 1930s 1931 伊藤大輔 经典 默片 日本电影
    剧照图片(海报、截图)
    下载地址
    侠盗治郎吉评论、影评、观后感
    吞火海峡  2011-05-10
    1、第一次欣赏辩士讲解的电影,一股可视评书的俗韵之感扑面而来,是以字幕中第一人称使用了“俺”字;2、原来大河内传次郎当年也是美男,端的是丰润如玉浓眉入画。但他的主角角色并不丰满,真正出彩的是伏见直江饰演的痴女阿仙【8】
    infero  2011-11-24
    辯士講解與影像結合得不錯。
    tamonmaru  2011-02-10
    旅宿中偶然看到、感覺頗似我國之擬話本。猶是無聲電影的時代、弁士頗具日本風格
    纸风筱龙  2016-01-07
    伊藤大辅最大限度的发挥了默片的表现技巧,时代剧中利用移动镜头,特写以及叠印等一系列手法做辅助是属于很新鲜的事,女性对感情的执念,封建社会的善恶就好像透露出一种以现代为基准的悲悯,片中对于另类英雄的诠释可以说改变了当时的时代剧局势,加上弁士泽登翠的热情演绎简直是如虎添翼。