不知火检校 不知火檢校 (1960)

  • 导演: 森一生
  • 编剧: 犬塚稔 宇野信夫
  • 主演: 勝新太郎 中村玉緒 近藤美恵子
  • 类型: 剧情
  • 制片国家/地区: 日本
  • 语言: 日语
  • 片长: 91分钟
  • 又名: Shiranui kengyô,Shiranui Kengyo
  • 上映日期: 1960-09-01(日本)
  • imdb网址: tt0201116
  • 不知火检校剧情简介
      不知火検校に弟子入りしている按摩の杉の市は、子供の時から悪事に関しては異常な才能を持っていた。ある日鈴カ森で癪に悩む旅人に出会った杉の市は、彼が大金を持っていると知ると巧みに殺害した。偶然これを目撃していた生首の倉吉に脅迫されると、儲けは山分けとばかり即座に大金を与えた。その気っぷに惚れ込んだ倉吉は、江戸での再会を約しその時の証拠として自分の掛守を渡した。杉の市はその掛守を死人の手に握らせて立ち去るという狡猾さだった。江戸に帰った杉の市が、ある晩治療に行った先の材木屋へ殺人強盗が入った。それが生首の倉吉とその親分にあたる丹治、弟の玉太郎達であったのを幸いに、儲けの分け前を要求するとともに材木屋とその妾のおすみの妹を親切ごかしに我が家に引取り、彼女を無理矢理に犯してしまった。おきみはその晩自殺した。ある時旗本の岩井藤十郎の奥方浪江が夫に内密で五十両の金の必要に迫られ、不知火検校に金策を頼みこんできた。検校に断りの使いを命じられ、杉の市は、自分が代って立替えると言い、毎日五両ずつ貸すから十日間通えと言うのだった。その度に杉の市は浪江を抱いた。しかし、これは夫の藤十郎にばれ、彼女は自害した。これを知った杉の市は自殺を装って藤十郎の目をごまかし、しかも証文を倉吉に渡して借金の取り立てを忘れなかった。悪事の数々を重ねた杉の市は丹治と玉太郎を使い、師匠を殺害、みずから二代目不知火検校を襲名した。そして五年、二代目不知火検校として羽振りをきかせ、豊国の一枚絵になったおはんを金の力で妻にしていた。そのおはんに房五郎という情夫があることを勘づいた検校は二人を殺した。その頃、倉吉が奉行に捕われた。倉吉は検校との悪事のかずかずを自白した。検校の屋敷に町方が向かった。そして岩井藤十郎も--一方検校は数日後には獄門台に上る身とは露ほども思わず将軍家姫君の治療を仰せつかってその幸運に酔っていた。

    标签:  日本 森一生 胜新太郎 日本电影 中村玉绪 1960 1960s 犯罪
    剧照图片(海报、截图)
    下载地址
    不知火检校评论、影评、观后感
    隐  2009-02-16
    就象是座头市的暗影
    风间隼  2010-08-18
    故事讲得很好,绕了个环形说果报,中间尽是讲坏人的机关,只有梦境和最后的疯狂透露出他的人性。胜的瞎子演得真好,敲诈完浪江之后的狠准转身,离开后门出逃那段的慌张步伐,紧张时刻就拉扯自己手指,还有手指搭在杯口接酒,真是下了大功夫。开头和最后的移动摄影有现场气氛,难忘最后那个回望的镜头。
    罗西基  2011-02-02
    胜新太郎饰演《座头市》前的热身之作。剧本故事一流,狭窄空间的逼仄,梦境与现实的交映,镜头的移动走位,人性贪嗔痴怨因果报应昭然吖
    辽东胖尊者  2014-04-27
    那是个怎样的黄金年代,别说哪个导演,给个好本子就是佳作。