雁之寺 雁の寺 (1962)

  • 导演: 川岛雄三
  • 编剧: 水上勉(原作) 舟橋和郎 川島雄三
  • 主演: 若尾文子 木村功 山茶花究
  • 类型: 剧情 爱情
  • 制片国家/地区: 日本
  • 语言: 日语
  • 片长: 98 分钟
  • 又名: Gan no tera
  • 上映日期: 1962-01-21
  • imdb网址: tt0171820
  • 雁之寺剧情简介
      川島雄三監督が若尾文子を主演に描いた代表作をDVD化。寺の襖絵師の妾・里子の官能的な肉体に惹かれた住職は、襖絵師の死後、彼女を囲うことに。男女の愛欲と、痴態を覗き見する少年僧の歪んだ愛憎劇が展開。原作は水上勉の直木賞受賞作。
      やっちゃ場の女、ふうてん老人日記、爛(ただれ)、その夜は忘れない、家庭の事情、雁の寺、しとやかな獣たち、以上7作品が若尾文子29歳、主演女優としても時期的には邦画の全盛期でもあった1962年のたった一年間の全主演作、作品名を並べただけなのに時の勢いというものは凄いものなのだな、とあらためて感心を越えて感動してしまいます、現在の29歳前後の人気女優を主演にして1年間で同様の映画群を作り上げるなど夢のまた夢でしょう、(小津安二郎遺作「秋刀魚の味」も1962年公開)
      若尾は1960年代末の邦画衰退期まで(自身の年齢で30代半ばまで)主演女優として活躍を続けますが1962年は正にキャリアの頂点といって過言ではない活躍だったわけです、当然に極めて重要なことだが「美貌と色香」も圧倒的だったことを忘れてはならない、当時、若尾文子目当てで劇場に向った大多数の男性観客がこんな女なら寿命を縮めることがあってももいいかもしれない、と思いながら鑑賞したであろうことも間違いないのである、
      本作は水上勉のベストセラー小説を監督川島雄三、脚本新藤兼人の名コンビで脚色したもの、若尾が主演でなければ決して実現しなかったであろう「情」の深さが当時の邦画界プロフェッショナル達の腕の確かさにより見事にフィルムに焼きつけられた逸品、けっして誰にでも勧められるような気楽な物語ではないが、重い映画、に免疫のある方にはぜひ鑑賞を奨めたい(重い、といっても松竹ヌーベルバーグが発散しているような政治プロパガンダ的な重さはうすい)、若尾ばかりを取り上げてしまったが、いつもながら清冽な印象を残す木村功ほかの見所ももちろん多い、

    标签:  若尾文子 川岛雄三 日本 日本电影 川島雄三 1960s 日本電影 日本映画専門チャンネル
    剧照图片(海报、截图)
    下载地址
    雁之寺评论、影评、观后感
    近似无限透明的蓝色  2015-06-12
    结尾的彩色与喧闹有些突兀,主持的贪婪残忍、若尾文子略带怜悯的善意、因为先天被歧视和无法对抗内心阴暗欲望的少年,最后都只能付诸荒淫的肉欲;日式回廊的设计,让距离这么近又那么远,窥看的镜位,让观者充满偷偷探视别人内心的羞耻。对应小说,云游或莫名失踪,只能代表那个时代的荒诞与黑洞。
    小艺  2014-01-09
    3.5
    laamlaam  2014-04-22
    20140422@korean film archive
    荒也  2014-11-15
    每一个处构图都精心设计,尤其是日本房屋的通透性特点上的利用。以及角度的多变化,常置于人眼不可抵达之处,如从鸟巢内部拍摄等,从而产生新的视觉感官。