女人二度出生 女は二度生まれる (1961)

  • 导演: 川岛雄三
  • 编剧: 富田常雄(原作) 井手俊郎 川岛雄三
  • 主演: 若尾文子 山村聪 藤卷润 山茶花究
  • 类型: 剧情
  • 制片国家/地区: 日本
  • 语言: 日语
  • 片长: 99 分钟
  • 又名: Onna wa nido umareru
  • 上映日期: 1961
  • imdb网址: tt0219228
  • 女人二度出生剧情简介
      1961年作品、主演女優若尾文子全盛期の逸品、若尾の数々の傑作や問題作に埋もれてあまり語られることのない作品だが、今回愛でたく祝DVD化、
      本作で若尾演じる芸者はいわゆる小悪魔タイプ、決して根っからの悪女ではなく、他作品のような強烈な悪女キャラクタを期待すれば物足りないかもしれない、ただし当時、1年に5本・6本の主演をこなしていた時期のプログラム・ピクチャーにしてこの水準の仕上がりであることには誰でも驚くでしょう、
      戦災孤児若尾は成人して神楽坂の芸者として暮す、近所の靖国神社には日課のように参拝している、神社や近所でよく見かける大学生藤巻潤に片思い、遂に言葉を交した藤巻も父は戦死していた、芸者から新宿のホステスへ、次いで愛人となり再び芸者に戻り、もし結婚できれば良き夫婦になれたであろう寿司職人フランキー堺との出会いと別れ、空襲で亡くした弟のような少年との情交、思いを寄せていた藤巻との再会では彼の見事な処世による現実の厳しさを思い知らされたり、と全編にただようそこはかとない無常感こそを楽しむ内容です、シーンが変わるたびに衣装も替わる若尾文子の艶やかさも楽しめます、
      本作品ほど実際に靖国神社でロケをした作品はないと思われる、神社のシーンではまるで大砲の音のように太鼓を叩く音が流れるところが川島雄三らしいかも(実際の靖国神社で太鼓ななるのは祭礼の時のみで普段は静か)、遺族会を食い物にしているらしい上田吉二郎演じる代議士ともども監督が考える反戦表明らしい、
      山村聰演じる若尾を愛人として囲う工務店社長だけはミスキャスト、フランキー堺と若尾の設定は後に向田邦子がある短編で引用している、デビュー直後の江波杏子はタランティーノにぜひ見せてあげたいと思わせます、

    标签:  川岛雄三 若尾文子 日本 日本电影 川島雄三 已存 1960s asfun
    剧照图片(海报、截图)
    下载地址
    女人二度出生评论、影评、观后感
    荒也  2014-10-21
    增村保造的性感+成濑巳喜男的细腻。是否算得上川岛雄三作品中的异色?作为日本映画史上最为尤物的女优,若尾文子从声音到身体都散发着十足性魅力。在不同年龄男性伴侣的更替中,若尾文子的娇羞,乖巧,妖艳,母性表现得一览无余。128/13
    芝芝  2015-11-19
    日本影评女主是“小恶魔”,窃以为,既不恶也不魔,而且无甚智慧。