粉红丝带 ピンクリボン (2004)

  • 导演: 藤井謙二郎
  • 主演: 若松孝二 高橋伴明 渡辺護 黒沢清 田尻裕司 女池充 井筒和幸 池島ゆたか 吉行由実 足立正生 林田義行 森章
  • 类型: 纪录片
  • 制片国家/地区: 日本
  • 语言: 日语
  • 片长: 118 分钟
  • 又名: Pinku ribon
  • 上映日期: 2004-09-27
  • imdb网址: tt0443187
  • 粉红丝带剧情简介
      ピンクリボン
      [ JPN / UPLINK / DVD ] 新品/定価3990円の商品です。
      ピンク映画の裏側を追った傑作ドキュメンタリー映画!!黒沢清、井筒和幸をはじめ、若松孝二、渡辺護、高橋伴明、足立正生、池島ゆたか、吉行由実、女池充、田尻裕司といった数多くの監督たちが、それぞれの視点で語る「ピンク」は、相当ショッキングかつ面白い!
      ★解説1962年 ピンク映画第1号といわれる小林悟監督『肉体の市場』が公開されてから2002年で日本のピンク映画は生誕40周年を迎えた。その社会的イメージとは裏腹に、ピンク映画界は数多くの優れた映画作家を輩出し、またピンク界最大手である日活ロマンポルノの誕生から衰退や、映画にとって最大の脅威であるアダルトビデオの普及を横目に見ながらも、たくましくも生き延び、現在も年間約90本もの新作を製作・公開している。日本映画の製作本数の約3分の1を占め、その歴史は、正に驚異的と言うほかない。この映画はそんなピンク映画の歴史と現在を築いてきたプロデューサー、監督、俳優、配給・興行関係者、そして新たにそこにチャレンジしてくる若い人たちの姿をインタビューを通して深く掘り下げ、彼らの「情熱と知恵」を探り、記録したものである。
      ★プロフィール
      監督:
      藤井謙二郎 1968年東京生まれ
      大学卒業後大学院修士課程にて映像を専攻。在学中より広告カメラマン助手を勤める。
      記録映画製作会社ディレクターを経て2001年、初の長篇『≒森山大道』(監督・撮影)が劇場公開となる。翌年、『曖昧な未来、黒沢清』でTokyo Filmex 2002 観客賞受賞。
      2004年には『≒舟越桂』も劇場公開され話題を呼んだ。
      特典映像:劇場公開時イベント・トークショー(渡辺護×藤井健二郎)&インタビュー(吉行由実)/劇場予告編
      監督・撮影:藤井謙二郎/出演:黒沢清、高橋伴明、井筒和幸、女池充、池島ゆたか、吉行由実、若松孝二、渡辺護、足立正生、田尻裕司、林田義行、森章、他/プロデューサー:浅井隆
      Informative pink film doco that is concerned mostly with the state of pink films today. Many companies have folded, but there are still a small handful filling the hundred screens remaining.
      Some greats from yesterday such as Koji Wakamatsu and Banmei Takahashi are interviewed about their working methods and unique approaches to the craft.
      Successful contemporary director Kiyoshi Kurosawa discusses his pink film roots with honesty and an enduring respect for the genre.
      There are diary-like visits to the set of a pink film production and numerous visual anecdotes. Today's directors are paid far less than the veterans of the industry and have shooting schedules that verge on impossible.
      But this tightly focused doco celebrates the passion and ingenuity of filmmakers working in a shrinking, sometimes marginalized genre.
      Unfortunately, talented practitioners of the superior Violent Pink genre (a pink film sub-strata) such as Yasaharu Hasebe and Koyu Ohara are ignored.
      Interviews with key players in contemporary pink film distribution are fascinating.

    标签:  纪录片 日本 日本电影 若松孝二 藤井謙二郎 黒沢清 渡辺護 2000s
    剧照图片(海报、截图)
    下载地址
    粉红丝带评论、影评、观后感
    熊仔俠  2014-01-01
    這部紀錄片的DVD居然內有英文字幕。當時打開包裹就為之一振呢!《粉紅絲帶》的信息量也不是一般的少,若松孝二談話部份、伊藤猛演戲現場、《肉體的市場》的殘片尤其精彩。其實說實在,若松的電影理念又有多少人清楚呢?
    吞火海峡  2014-02-13
    粉红电影发展简史及现状介绍,话说看到做字幕豆友深情加上的纪念词——緬懷粉紅電影的兩座巨峰若松孝二(1936.04.01 - 2012.10.17) 渡邊護 1931.03.19 - 2013.12.24),泪水在瞬间狂飙得一塌糊涂。。。【8】
    荒也  2014-08-17
    若松孝二反复强调的票房论和结果论的言论有问题。更有问题的是,他说话时的黑帮老大式的口吻和神态。与其鲜明对比的是黑泽清的雅度和气质。最后一句,电影的不可思议的力量让我时而觉得恐惧。一语直击我心。值得一看的纪录片,对桃色电影的知识瞬间增进不少。
    子李  2014-06-24
    作为纪录片很恰当