妖刀物语 花之吉原百人斩 妖刀物語 花の吉原百人斬り (1960)

  • 导演: 内田吐夢
  • 编剧: 依田義賢
  • 主演: 片岡千恵蔵 水谷八重子 水野浩 松浦築枝 片岡栄二郎
  • 制片国家/地区: 日本
  • 语言: 日本語
  • 片长: 104分钟
  • 又名: Yoto monogatari: Hana no Yoshiwara 100nin giri
  • 上映日期: 1960-09-04(日本)
  • imdb网址: tt0187119
  • 妖刀物语 花之吉原百人斩剧情简介
      武州佐野の次郎左衛門は、真面目な商人だったが、生れながらの醜い顔に痣があった。この痣が彼の人生を狂わせたといえる。幾度目かの見合いの帰り、さそいにのって次郎左衛門は吉原の門をくぐった。一夜、遊女玉鶴の情けを受けた。「心の中まで、痣があるわけはないでしょ」この言葉を次郎左衛門は忘れることができなかった。が、玉鶴はいやしい遊女で、栄之丞というやくざの情夫があり、太夫の位に憧れを抱いていた。次郎左衛門は吉原に居続けする上、引手茶屋の女将に五十両預けて女の身請けを夢みるようになった。玉鶴に太夫の位をねだられて、夫婦約束の上承知した。折から、信州一円に雹が降り、桑の木が潰滅、下請け業者の生死にかかわる事態となった。武州に帰った次郎左衛門は、思案のあげく、捨て児時代の守り刀を手離すことに決めた。その金で玉鶴を妻に迎え、故郷に帰って仕事に精を出すつもりだった。しかし、兵庫屋に駈けつけてみると、すでに二代目八つ橋太夫の襲名が内定していた。玉鶴の本音を聞いた。次郎左衛門は一旦武州に帰り、家屋、身代を一切整理して再び吉原にきた。兵庫屋の表は黒山の人だかり、二代目八ツ橋の玉鶴が豪華な盛装で現われた。出世披露目の道中で、次郎左衛門が行列の群に飛びこんだ。その右手には村正が握られていた。あっという間に男衆を斬った。うろたえまわる女を、男を、次々に斬った。八ツ橋を追い、一太刀斬り下げた。彼女の死体のそばで、次郎左衛門は叫び続けた。「寄るな、この女に手を触れるな、これはわしの女房だ、わしの女房だ……」。...

    标签:  内田吐梦 日本 日本电影 武士 1960s 片冈千惠藏 时代剧 内田吐夢
    剧照图片(海报、截图)
    妖刀物语 花之吉原百人斩评论、影评、观后感
    小岩菽  2013-02-12
    想看砍来砍去的请拖到最后五分钟....
    六棵  2009-03-02
    自卑富商误入销金窟,无良歌姬绝情遭砍杀。
    kumasan  2008-10-23
    怪物与妖刀,大概是原配吧