化妆 化粧 (1984)

  • 导演: 池广一夫
  • 编剧: 田中陽造
  • 主演: 松坂慶子 池上季実子 京マチ子 中井貴一 伊丹十三
  • 类型: 剧情
  • 制片国家/地区: 日本
  • 语言: 日语
  • 片长: 137分钟
  • 又名: 胭脂谱,Kesho
  • 上映日期: 1984-05-12(日本)
  • imdb网址: tt0203616
  • 化妆剧情简介
      京都の老舗の料亭を舞台に、そこの女将と美しい三姉妹がくり広げる様々な生き方を描く。渡辺淳一原作の同名小説の映画化で、脚本は「魚影の群れ」の田中陽造、監督は「無宿人御子神の丈吉 黄昏に閃光が飛んだ」の池広一夫、撮影は「きつね」の坂本典隆がそれぞれ担当。
      京都・原谷。料亭・蔦乃家の三姉妹、頼子、里子、槙子と女将のつねが、里子の夫で婿養子の菊雄を交え桜の咲き乱れる中、甘酒を飲んでいる。一行は二十歳で自殺した頼子の双子の・姉・鈴子の墓参りの帰りであった。忘れ物をして墓に戻った頼子は、そこで鈴子を自殺に追いやった男・熊倉と出逢う。鈴子の分身であった頼子にとって、彼は心底憎い男だった。つねは幾代も続いた老舗・蔦乃家の娘で芸妓となり、やがて京大の助手をしていた青年と恋をした。彼女は青年の子を宿していたが、生木を裂くようにして別れさせられ、生まれたのが鈴子と頼子である。そして、婿をとったつねは、里子と槙子を儲けるが、夫は幼い子供たちを残して他界したのだった。東京・銀座でクラブ・アジュールのママをしている頼子のもとに、熊倉が現われる。彼は昔、祇園で遊んでいた頃と変り、商売に失敗し落魄れはてていた。蔦乃家の若女将である里子は、男らしさに欠ける菊雄に満たされないものを感じていた時、東京のコンピュータ企業の専務・椎名と出会う。七月、里子は椎名に逢うため、友人の結婚式を口実に上京し、愛を確かめあった。槙子は、東京の女子大で気ままな学生生活を送っていたが、マリファナを吸った容疑で警察に捕まり、実家に戻される。熊倉がある晩、大協デパートの経営者秋山を連れてアジュールにやって来た。数日後、彼に呼び出された頼子は、秋山と一晩だけつきあってくれと懇願される。それは、熊倉が大量に買いつけた品物を、秋山が買い取ってくれるための条件であった。復讐心の湧いた頼子は、熊倉との取引きをやめたら、一度だけいうことを聞くと秋山に告げた。里子との仲を知られた椎名は、マニラにとばされたが、里子は椎名の子を身篭っていた。槙子が銀行の頭取の息子小泉志郎と結婚することになり、結納を交わした日の夜、里子は、つねにお腹の子の父親を打ちあけた。驚いたつねは怒り彼女を許さなかった。里子は家を出て、自力で子供を育てる決心をする。頼子は店の改築を頼んだ若いデザイナー日下に好意を持つ。熊倉が自殺したと知らされた日、彼女は日下と結ばれた。数日後、日下が熊倉の息子だと知った頼子は、激しい自責の念に襲われ京都に戻り、滝にうたれるのだった。菊雄は蔦乃家から出たいとつねに頼んだ。春になり、桜見物に出かけたつね、頼子、槙子のもとに、男の赤ん坊を抱いた里子が現われ、つねと和解するのだった。

    标签:  松坂慶子 日本 京マチ子 池上季実子 剧情 池广一夫 日本电影 日本電影
    剧照图片(海报、截图)
    下载地址
    化妆评论、影评、观后感