千利休:本觉坊遗文 千利休 本覺坊遺文 (1989)

  • 导演: 熊井启
  • 编剧: 野上弥生子 井上靖 依田义贤
  • 主演: 三船敏郎 奥田瑛二
  • 类型: 剧情
  • 制片国家/地区: 日本
  • 语言: 日语
  • 片长: 107分钟
  • 又名: Death of a Tea Master,一位茶道大师之死
  • 上映日期: 1989-10-07(日本)
  • imdb网址: tt0098287
  • 千利休:本觉坊遗文剧情简介
      千利休が太閤秀吉の命で自刃してから27年後、愛弟子だった本覺坊は心の師と語らうのみの生活を送っていた。ある日本覺坊は、利休がなぜ秀吉の怒りを買って死んだのか、理由を解明しようと情熱を傾ける織田有楽斎に会って感動を覚えた。そして一年後、本覺坊は有楽斎に、利休の晩年山崎の妙喜庵で催された真夜中の茶会について話した。客は秀吉と、後に小田原落城で秀吉に刃向かって切腹した山上宗二だったが、もう一人がわからなかった。さらに一年後、有楽斎は残る客の一人は利休の弟子の古田織部だと見抜いた。織部も大坂夏の陣で豊臣方に内通したかどで、利休や山上宗二と共に自刃したが、実は三人とも死を誓い合っていた。翌年有楽斎は体が弱り危篤となったが、なお利休の最期の心境を知りたがっていた。本覺坊は夢にみた利休と秀吉の最期の茶事の光景を語り始めた。秀吉は一時の感情で下した利休に対する切腹の命を取り消したが、利休は茶人として守らなければならない砦のために切腹すると言い切った。本覺坊の話が利休の切腹に及ぼうとするところで、有楽斎はもうろうとした意識の中で刃を取って切腹したのだった。

    标签:  日本 日本电影  千利休 熊井启 茶道 三船敏郎 1980s
    剧照图片(海报、截图)
    千利休:本觉坊遗文评论、影评、观后感
    吐=槽。呢=哦  2013-01-29
    《利休》一片讲述利休侍奉秀吉的前因后果,最突出的是秀吉;三国饰演的利休平和内敛。《本觉坊遗文》一片通过本觉坊、宗二、织部、有乐等人多角度追忆利休,三船饰演的利休具有英雄气质。
    gossiper  2010-01-12
    很好很好
    若澈  2015-07-03
    一條路走到底、走到死。因死而見道。「無ではなくならぬ、死ではなくなる」。「死が客になったり、亭主になったり」。某種意義上,那些人是瘋子。也許也是成就於時代。千利休的道隨千利休的逝去而消失了,但無數後人仍想追隨。本覺坊其實也幸運,能侍奉在旁,他也有自己的道吧。而道是什麼呢。1:48。
    Resurge.  2014-12-10
    雖然不排除是我語言不過關...但真沒搞懂這片子想表達甚麼.畫面和氣氛倒是一流的,但...死是求道成大師的最重大因素這點,大概除了體現日本人民族性格外,外國人真心難理解.個人對有樂斎(對了...這位有樂斎霸氣得感覺有點不對啊?[])死前的幻覺有疑問...他是看到了死者的茶會吧?但三斎貌似沒死吧那時候(不懂