化石 (1975)

  • 导演: 小林正樹
  • 编剧: 井上靖 稲垣俊 よしだたけし
  • 主演: 佐分利信 小川真由美 長谷川哲夫
  • 类型: 剧情
  • 制片国家/地区: 日本
  • 语言: 日语
  • 片长: 200 分钟
  • 上映日期: 1975-10-04
  • imdb网址: tt0135496
  • 化石剧情简介
      一鬼建設社長の一鬼太治平は、仕事一筋に生き、男手一つで育て上げた二人の娘を嫁がせ、生まれて初めて仕事を離れ社員の船津を連れて保養のためにヨーロッパへ旅立った。ある日、パリでふと美貌の日本女性と出会ったが、話しかけることもなく通り過ぎた。その女性が、ヨーロッパ支社のパーティの席上、マルセラン夫人であることを知った。一鬼は体の異変に気づき船津の勧めもあり、医者に診てもらった。数日後、船津あてに、病院から診断の結果を知らせてきたが、一鬼は自分を船津だと偽って聞いた。癌だった。あと一年しか生きられない。慟哭する一鬼。二、三日して落ち着きを取り戻した一鬼は、若い日本人の岸夫婦に、パリ近郊のブルゴーニュ地方にあるロマンの寺の見物をすすめられた。この見物には、意外な事に岸夫婦が親しくしているマルセラン夫人も一緒だった。靄に煙る沿道、歴史を経た建物。そして、一鬼が死を意識する度に喪服の同伴者が現われ、彼と内面の対話を交す。やがて帰国した彼は、癌で一カ月後には死ぬという友人・須波を見舞った。その須波に一鬼は一年後の自分を見るような気がした。久し振りに一鬼は義母を訪ねるが病気の事は告げず、ふたたび仕事にうち込み始める。だが、今度は、以前と違って常に死を意識しながらの生活である。やがて、一鬼の体の異変に気づいた娘たちのすすめによって、手術を受けるが、思いがけなく成功してしまう。既に死を覚悟していた一鬼にとって、ロマンの寺もパリの寺院も過去の全てが「化石」としての存在でしかなくなっていた……
      ============================================
      一鬼太治平是建设公司的总经理,辛苦工作了一辈子,并在妻子去世以后独自将两个女儿抚养成人。在两个女儿都出嫁以后,他终于摆脱了工作的束缚,到欧洲休养旅行。这一天他在巴黎碰到了一个非常美丽的日本女人,后来知道她是麦士兰夫人。一鬼感到身体有些不舒服,就到医院进行检查。检查结果竟是他患上了癌症,只剩下一年左右的时间可活。几天后他到巴黎的郊外参观,竟然又碰到了麦士兰夫人。这一路上一鬼心怀凄凉地看着大雾笼罩的道路和那些古老的建筑,有一种已经进入幽冥世界的感觉。不久以后一鬼回到日本,成天生活在即将死亡的阴影之中。后来他到医院动了手术,却意外地恢复了健康。一鬼的思想再次发生了变化,他开始觉得巴黎那些罗马式的教堂和圣母院等等已经远去的一切,也不过就是像“化石”一样存在于世界之中。

    标签:  小林正树 日本 日本电影 1975 井上靖 剧情 小林正樹 1970s
    剧照图片(海报、截图)
    下载地址
    化石评论、影评、观后感
    閒雲孤鶴-68  2012-03-10
    三个多小时看的我好闷····
    via。文  2012-07-25
    艺术观光片一刚~
    吐=槽。呢=哦  2012-05-21
    有如黑泽明的《白痴》……
    希  2010-10-08
    很长的影片,我分三次看的,而且剧情不紧不慢,但还是很多值得思索的意味,场景与场景之间用自述和旁述串联起来,一开始的时候不大适应,后来渐渐适应了,从中段开始一直有吸引我,特别是回家那一段,使我想起我自己的家和往事,感觉到了导演的诚意。淡淡的哀愁和对人生意义的思考飘浮在影片中