神南署安积班6 ハンチョウ~警視庁安積班~シリーズ6 (2013)

神南署安积班6剧情简介
  2013年冬季 TBS 日剧
  安積班が東京スカイツリーのお膝元に異動!
  新設された「警視庁押上警察分署」で挑む新たなる戦い
  刑事として、人として、安積が抱える様々な問題にチームで挑む!!
  待望のシリーズ第6弾!!!
  2009年4月13日に『ハンチョウ~神南署安積班~』としてスタート以来、大好評の『ハンチョウ』シリーズの第6弾が、2013年1月に再始動! みなさんの前に帰ってきます!!
  前シリーズで警視庁へ異動し、難事件の解決に挑んだ安積班。今回は、現在、観光地としても国内外から注目されている東京スカイツリーのお膝元、押上地区へと舞台を移して活躍します。
  ものがたりは、組織の硬直化が進む捜査現場の現状を打開するために、日本では初となる「分署」を設立することとなり、警視庁の川口刑事部長(里見浩太朗)が、押上地区をそのモデルケースに選んだところから始まります。
  「警察署」と「交番」の間に立ち、中立的な働きを期待される「分署」。その署員として指名されたのが、半年前に警視庁・特捜一係として、抜群のチームワークを発揮して凶悪なテロ犯罪を防いだ安積剛志(佐々木蔵之介)、結城沙緒里(比嘉愛未)、尾崎誠(小澤征悦)、小池竜也(福士誠治)ら4人の刑事たち。
  着任早々、安積班を待っていたのは、昔ながらの伝統的な職人気質を残しながら、観光客があふれ大きく変化している“下町”。特に、この町で長年開業医を続け、町中の人から「赤ひげ先生」と呼ばれ慕われている老医師・水沢圭次郎(橋爪功)は、警察組織に不信感を持ち、安積班の捜査にことごとく立ちはだかります。
  安積班は、頑固一徹な水沢医師の心を溶かすことが出来るのか?
  事件の謎解きやチーム内での葛藤に加え、様々なドラマの醍醐味を詰め込んで、各話バラエティ豊かに展開する「シリーズ6」は、前シリーズで描かれた“ハード”な部分も活かしつつ『ハンチョウ』ならではの“人情味”や“温かさ”を倍増させて、事件の面白さやちょっとした笑いも楽しめる、そしてグッと泣ける刑事ドラマを目指します。

标签:  日剧 佐佐木藏之介 比嘉爱未 13冬 日本 福士誠治 佐々木蔵之介 2013
剧照图片(海报、截图)
下载地址
神南署安积班6评论、影评、观后感
混涅洁  2013-12-09
没有村雨水野须田黒木樱井怎么能算安积班...
红叶@提不起劲  2013-01-19
看B+美腿,8过剧情好弱
cutelion  2013-04-08
虽然爱大叔,但是,案件有点无力。。。。。
尼诺尼米  2013-03-26
每集前半都还中规中矩,可是受不了每集结局处的圣父片段。比嘉和小泽的戏份好少,后面基本就是佐佐木和福士两个人的戏。