水木茂的怪怪怪的怪谈 水木しげるの ゲゲゲの怪談 (2013)

水木茂的怪怪怪的怪谈剧情简介
  2013年夏季 フジテレビ 日剧SP
  2013年夏の終わり、あなたを“ゲゲゲの妖怪世界”へいざなう…。
  水木しげる原作の妖怪物語を昭和の世界観で再現したドラマとして映像化した『水木しげるのゲゲゲの怪談』を放送することが決定した。キャストとスタッフの英知を結集、さまざまな特撮技術やハイクオリティの妖怪衣装などを駆使して、水木しげる名作の世界観を満喫できる映像作品となっている。
  今回の『ゲゲゲの怪談』は、全4編から成るオムニバスドドラマから構成されており、『砂かけばばあ』、『不死鳥を飼う男』、『妖怪枕返し』、『永仁の壺』、いずれも水木しげるの代表的作品を映像化した。
  『砂かけばばあ』では、林遣都とLiLiCoがW主演。昭和の大スターを彷彿とさせる俳優・山谷の顔は以前ブサイクだったのだが、ある日砂かけばばあに会いに行き、絶世の美男子と生まれ変わる。ところが、見返りとしてある約束をさせられていた…。“美男子”山谷を演じるのは、最初に“ゲゲゲ”のオファーが来たときに“ついに妖怪を演じるときが来たか!”と思ったという林遣都。林遣都の甘いマスクが作品にピタリとマッチしているのも世界観に引き込まれること間違いなし。反対に“ブサイク”山谷を演じるのはお笑いコンビ、キングオブコメディの今野浩喜。その個性的な顔のつくりからして視聴者をくぎ付けにするだろうが、なんと言っても林遣都とのギャップが楽しめる。さらには、本格的なドラマ出演が初めてというLiLiCoが“砂かけばばあ”を“怪”演!「私は女優には向いていない」と言うLiLiCoが快諾した超有名キャラクター“砂かけばばあ”。夢にも出てくるほどの強烈なインパクトを残すLiLiCoの演技を楽しみにしていただきたい。
  『不死鳥を飼う男』では、ピースの又吉直樹がドラマ初主演を飾る。又吉は、全く売れないミステリー作家、落葉という男を演じる。ある日、落葉の自宅へ下宿させてほしい、と大金を払ってきた謎の男(佐野史郎)は大きな鳥かごを持っていた。絶対に見てはならない、と言われていた落葉は、鳥かごの中身を見たい衝動に駆られるのだが…。人間の欲望のままに生きる売れない作家を、又吉がどう演じているか注目していただきたい。無視できないのは、長い間、水木しげる作品に出たいと意気込んでいた佐野史郎が夢を叶えたこと。佐野が演じる“謎の男”のミステリアスさも必見だ。
  『妖怪枕返し』では、争いごとが嫌いで全く欲のない会社員・山田を濱田岳が演じる。自分が勤める会社の社長令嬢・麗華(トリンドル玲奈)と付き合っている山田が、会社での派閥争いに巻き込まれていく。ある日、妖怪枕返しが現れて山田の人生が変わっていくのだが…。無欲な男から一転、欲望のかたまりと化す山田を演じる濱田の幅のある演技は、人間の本当の幸せとは何か?を考えさせてくれる。 『永仁の壺』は、愛息の余命が短いと医師に宣告された母親が、別居中の夫から、病が治る生命の水が湧き出る壺“永仁の壺”があるという言い伝えを聞き、壺を見つける旅に出て…といった話。息子を愛するがゆえ、脇目もふらず壺を探す母親役を倉科カナ、その夫で考古学を生業にしている男を山本裕典が演じる。日本に古くから伝わるある妖怪も登場、怪奇な世界を満喫できるストーリー。そのラストには、家族愛を感じさせてくれる結末が待ち受けているのでぜひ最後までご覧いただきたい。
  4編のオムニバスをつなぐナビゲーター役として、ゲゲゲワールドではおなじみの猫娘と目玉のおやじも登場!各作品の合間合間でほっこりできる。大人も子供も楽しめる『水木しげるのゲゲゲの怪談』から目が離せない!
  今回の『水木しげるのゲゲゲの怪談』でお届けするお話は…

标签:  日剧SP 日剧 林遣都 怪谈 山本裕典 倉科カナ 恐怖 奇幻
剧照图片(海报、截图)
水木茂的怪怪怪的怪谈评论、影评、观后感
Pegilee  2013-10-22
日本