大地の侍 (1956)

大地の侍剧情简介
  花のお江戸は吉原の花魁道中の真最中に、町娘を相手に無理難題をふっかける白鞘組の雷太郎、その悪侍を見事なタンカでやっつけたのが男伊達江戸家吉三である。その吉三、男姿ではあるが、実は但馬の扇山、牧野内膳正の息女雪姫で、双生児として生れたばかりに、これを忌む風習から江戸の侠客吉兵衛にあずけられ育てられた身の上だった。その頃扇山城では、妹千代姫をめぐってのお家騒動--千代姫と神月家の次男又之丞をめあわせようとする鈴木伝左衛門一派と、雪姫を探すことを口実に、江戸家老田島主馬の娘早苗を姫に仕立てて、お家横領を企てる馬場兵部一派の争いがこうじて、ついに伝左衛門は殺された。更に馬場一派は白鞘組を手先に、雪姫探索の手を、吉兵衛の回りにものばしはじめた。この時、吉三の許へ吉原で知り合った若侍が訪れて来た。彼こそは、内膳正の内命を受けて雪姫を捜す神月又之丞、しかし、自分の素性と牧野家の内紛をきかされても吉三は、今さら嫌だと又之丞を追いかしえた。又之丞の動きを知った主馬は、白鞘組に彼を襲わせ、吉兵衛を殺した。これには吉三も決心して、女姿にかえり、又之丞と扇山に向けて出発したが、いつしか吉三は又之丞に心惹かれて来るのだった。だが執拗な主馬は、途中吉三たちを山中におびき寄せて、岩をおとして崖から転落させた。やがて扇山城では内膳正が早苗の扮した雪姫と対面をすませ、扇山五万三千石は馬場、田島らの手におちたと思われた時、「暫く」の声と共にあらわれたのは、今は美しい姫の姿になった吉三と又之丞だった。--それから数カ月、祭りに賑わう江戸の町に、これを見物する千代姫と、又之丞、そして又之丞を妹に譲った男伊達吉三の姿があった。

标签:  佐伯清 日本 美空ひばり 日本电影 1950 三星及以上 Toei Jidaigeki
下载地址
大地の侍评论、影评、观后感
 2009-01-06
歌挺好听啊 很喜欢那些女人的衣服 哈哈 ~~
paracelsus  2010-08-12
3.5stars.