人生剧场 飞车角与吉良常 人生劇場 飛車角と吉良常 (1968)

  • 导演: 内田吐梦
  • 编剧: 尾崎士郎
  • 主演: 鹤田浩二 辰巳柳太郎 高仓健 若山富三郎 富司纯子 松方弘树 左幸子 中村竹弥
  • 类型: 犯罪
  • 制片国家/地区: 日本
  • 语言: 日语
  • 又名: Jinsei-gekijô: Hishakaku to kiratsune
  • 上映日期: 1968-10-25
  • imdb网址: tt0293233
  • 人生剧场 飞车角与吉良常剧情简介
      大正14(1925)年、侠客の飛車角(鶴田浩二)は恋人おとよ(藤純子)をめぐって人を斬り、その逃亡の途中で、老侠客・吉良常(辰巳柳太郎)と出会い、彼の勧めで自首する。しかしその投獄中、おとよは玉の井に身を売り、客の宮川(高倉健)と愛し合うようになってしまう……。
      尾崎士郎の名作小説『人生劇場』の第3部『残侠篇』を名匠・内田吐夢監督のメガホンで映画化。幾度も映画化された『人生劇場』の中でも最高傑作の誉れも高い名作任侠映画である。鶴田の演じる飛車角も、任侠と愛の苦悩をにじませた優れもの。また脇に至るまでの東映オールスター・キャストがそれぞれ柄に合った好演。殺陣のすさまじさも含め、任侠映画ファンは一度は観ておくべき作品である。(増當竜也)
      内容(「GAGAデータベース」より)
      尾崎士郎原作による大河小説「人生劇場・残侠篇」を、巨匠・内田吐夢監督が映画化した任侠ドラマ。姿を消したおとよと飛車角を再会させた吉良常。だが、デカ虎一家から喧嘩状を受けた飛車角は、病床に臥せる吉良常をよそに単身デカ虎一家に乗り込む。

    标签:  日本 内田吐梦 内田吐夢 鹤田浩二 富司纯子 高仓健 藤纯子 若山富三郎
    人生剧场 飞车角与吉良常评论、影评、观后感
    一纬  2015-11-29
    日本人的契约精神真是匪夷所思,同时又随时可以不守信用。一部电影就可以是一个人类学样本啊。(每一个人性细节的仪式性,在这些的缝隙间却有着松动----像是岩石间的水的流动一样。怪异的民族。)
    24小时沉默  2015-12-04
    其实我觉得最后的打斗很真实
    salorj  2014-01-14
    被导师说的还以为最后的拼刀得多血腥,结果比小时候看的黄飞鸿啥的差远了,武打还得看咱们啊……